So-net無料ブログ作成
検索選択
ドラマ 昼顔 ブログトップ
前の1件 | -

昼顔 10話のあらすじ・ネタバレ・感想・結末9/18 [ドラマ 昼顔]

昼顔 10話が放送されました。
(2014/9/18(木)フジテレビ系 22時~)



9話の最後で、とうとう紗和は家を出ちゃいましたね。
グッドタイミングで北野も家を出ちゃってて・・・



みんな元サヤが厳しそうだし、
そのまま不倫相手と続けて行くのも厳しいですよね。



では早速、昼顔 10話のあらすじ・ネタバレ・感想・結末に入ります。

↓↓↓







夫・俊介(鈴木浩介)に浮気を告白した(バレた)紗和(上戸彩)は、家を飛び出しました。
初めて北野(斎藤工)とデートした森林公園に行くと・・・北野もやってきました。
そして二人は、湖畔の貸別荘に身を寄せます。



ささやかな時間を過ごしてる二人は、幸せを感じていますが、
ずっと続くことはないと気付いています。





北野の妻・乃里子(伊藤歩)は、俊介(鈴木浩介)に電話し、
「こうなった原因は俊介にあるのだから二人を探して引き離してほしい」と叫びました。



俊介は、自分の母親の笹本慶子(高畑淳子)に、
「紗和は旅行に行っている」とミエミエの嘘を付きます。

↑慶子も紗和は不倫をしているのを9話で知ってます。





ホステスとして働き始めた利佳子(吉瀬美智子)は、
仕事でバルセロナに行ってしまった加藤(北村一輝)に連絡するため、
給料を前借してスマートフォンを購入します。
だけど加藤は電話に出なかったので、留守電を残しました。

↑不倫が夫・滝川徹(木下ほうか)にバレたので、スマホを取り上げられちゃいましたからね。



加藤はバルセロナでの仕事は順調に行っています。
元妻の佐倉亜紀(高橋かおり)は、加藤が席を外したすきに、
勝手に携帯の留守電を聞いてしまい、しかも消去してしまいました。





出勤しようとした利佳子の前に、智也(淵上泰史)が現れ、
紗和がパートを無断欠勤していることを伝えます。
利佳子は紗和に連絡するが、紗和は電源を切っていました。

↑智也は利佳子の元不倫相手





次の日の朝、スマホの電源を入れた紗和のもとに知らない番号から着信があります。
電話をかけると・・・利佳子でした。



「どうするつもりなの?」と利佳子に聞かれた紗和ですが、
「もう少しだけ夢を見させてほしい」と返します。
利佳子は、そんな紗和に、気持ちだけで突っ走ってしまったら終わりは早い、と告げました。





一方、ショックで会社を休んでいた俊介のもとに美鈴(木南晴夏)が訪ねてきます。
俊介のことが心配になって会社を抜け出してきたとのこと。
俊介はその優しさに、彼女を抱きしめキスをします。




北野とピクニックに出かけた紗和は、今まで言えなかった言葉を伝えます。
「好き、全部好き、だ~い好き、愛しいよ」
「僕も」


しかし、紗和の薬指の指輪が目に入った北野は、それに応えることができません。


↑ここまでのあらすじは、HPにだいたい書かれてありましたね。



ここからはネタバレ、感想、結末に入ります。





sponsored link







一方、乃理子は探偵に北野の居場所を突き止めるよう依頼します。


その時、北野の教え子・木下啓太(健太郎)とまなみ(田中日奈子)がやってきました。
北野が高校を辞めたことを知ると、啓太はキレて家中を荒しました。




北野は明日家に帰り、全て説明すると。
紗和はここに残っていてと言います。


「週末には必ず帰る。紗和ちゃん、ちゃんと待ってて」



~紗和の心の声~
幸せとは、こんなに怖いものと知りました。
地球が壊れて欲しいと思いました。




結局、美鈴は俊介のところで朝を迎えてしまいます。
そこに慶子が来て激怒。



ですが、ヤケになってる俊介。
「好きでもない女とでもヤルんだよ!全部紗和が悪い」と。



それを聞いた美鈴も激怒し、
「できなかったくせに」と吐き捨てて帰って行きました。

↑結局、俊介は紗和以外の人とでもデキないんだね~。



慶子は「あんたがそんなんだから、こうなるんだよ」


その時、俊介のスマホが鳴ります。





一人北野の帰りを待ってる紗和の元に、バイクで誰かがやってきました。
利佳子と智也でした。



紗和は北野が話を付けられず、帰って来ないことを覚悟してます。
だけど、北野がこれだけのことをしてくれただけで十分だと。
もう死んでもいいと。



利佳子も、加藤が元妻と海外に行っていて不安でいっぱいでした。





北野は紗和の家に行き、俊介と慶子に頭を下げます。

「紗和さんと別れていただけませんか?お願いします。紗和さんと一緒にならせてください」



発狂する慶子。



俊介も「順序が違うだろ、こういう話は夫婦で話し合うのが先だ。
あんたの奥さんは納得するの?紗和と別れるつもりはありません。
馬鹿にするのもいい加減にしろ!!!」



北野は土下座してお願いします。





利佳子は意を消して家に帰ります。
その時、真菜(山口まゆ)が血相を変えて家から出てきました。
陽菜(豊嶋花)が熱を出していたのでした。



真菜はまだ母親(利佳子)に対し怒っていますが、
陽菜が治るまで家にいていいよと言ってくれます。



真菜に離婚をすることを伝えるが、どうでもいいと。
その時、夫の滝川徹(木下ほうか)が帰ってきました。
「戻ってきてくれて良かった」



利佳子は、離婚する気持ちは変わらないと言うが、
加藤がバルセロナでの仕事が上手くいってることを知ります。


滝川に「離婚に揉めている人妻は荷物になるだけ」




sponsored link






一方、加藤は、亜紀に勝手に携帯を見られてるのを知り激怒。
留守電を聞くと利佳子からで、
「無事よね、もう帰らないってこと?だったらそう言って」



加藤は折り返し利佳子に電話し、
「必ず帰る、待っててくれ」と留守電を残します。



が、真菜がその留守電を聞いてしまい、
母親(利佳子)に内緒で削除してしまいます。




「間違えないでくれ、この仕事は君と俺のためではない。
俺と利佳子のためだ」



亜紀は「どうなるか分かってるわよね?」

↑亜紀はまだ加藤のことが好きなんだね~。





北野は、妻・乃理子と話し合いをします。
乃理子は左手首に包帯を巻いていましたが、自殺じゃないよ、と。

↑家にやってきた啓太が暴れたので、それを抑えようとした時にできた傷ですよね。



「ホントにすまない。君とはもう・・・僕が全部悪い、何年かかっても・・・」


「どこがいいの?美人じゃないし、特別な才能も無い、分かるように言って」


「どこが好きだからって分からない。」


「彼女といると、自身が湧いてくる、僕を必要とし、僕の言葉を必死に受け止めてくれる。
体の奥でもっと頑張ろうと力が湧いてくる」


「ようするに、年上の研究者だとコンプレックスに感じるけど、
パートのおばさんだと優越感で自信が出る・・・・、小さっ」


「申し訳ない・・・」


「困ったわね、小さい男でも父親は父親だから、私、妊娠してるの、3ヶ月だって」




~紗和の心の声~

愛に生きることに酔っていた私。
無謀な恋に落ちた愚か者は忘れようとしていた。
運命は決して、罪を犯した人間に優しくないことを・・・。




昼顔 10話のあらすじ・ネタバレ・感想・結末はこんな感じです。


っていうか、ようやく10話を見れたーーーー。
昨日 最終回だったのにね( ̄∀ ̄)


やっぱり、子どもがデキちゃうと強いのかな・・・・。
ちょーーーーーっと昔を思い出しましたね。


これから最終回を見ます!!!


では(^^ゞ



sponsored link







共通テーマ:テレビ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


前の1件 | - ドラマ 昼顔 ブログトップ
Copyright © あれこれ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。